サイトマップ
キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

新着情報

◆2014/01/08
セフレはどのようにして作るのか?~出会い系サイト編~を新規投稿しました。
◆2013/12/27
セフレ募集サイトを利用してセフレ探しの情報を更新しました。
◆2013/12/04
モテやすい男性とはを新規投稿しました。
◆2013/11/11
会社の同僚とエッチしたいならの情報を更新しました。
◆2013/11/11
合コンでセフレを探す方法の情報を更新しました。

セフレ募集サイトを利用してセフレ探し

p132335815986
もの事を進めるには、やっぱり新しいやり方というのが、どうしても必要になってくるような気がします。

そのため、何か確信を持って新しいことを始めることが、その文化の発展に繋がって行くこともあるってな事なのではないでしょうか?

その一つなのですが、セフレ募集サイトです。

このセフレ募集サイトなのですが、要するにセックスということをするだけの相手を探すものです。

セフレの探し方はというと、今や様々なジャンルで発見できることになっています。相手が人妻であったり、熟女、若い女の子など多種多様になっています。

このようにセフレが探せる場所が多くなってきていて実感するのが、男女とも本当にエッチな事に関してオープンになっているのだなと思います。

そもそも、セフレサイトってのは、ただただセックスをするだけの相手を探すものでは無くなってきているのかもしれません。

セフレ探しというのは、自分の人生を、より充実させたものにしていくものなのでしょうね。

使い方なども様々で自分らしい出会いが求められています。是非、みなさんも挑戦してみてはいかがでしょうか?

■セフレの探し方とは

p131402976291
男性、女性に限らずセフレが欲しいと思っても、そう簡単に都合の良いセフレなんて探せません。

そこで、簡単にではありますが、セックスフレンドが作れる方法をご紹介します。

まず、セフレがいる人は何処で探しているのか。

  • 第1位・ネットナンパ
  • 第2位・出会い系サイト
  • 第3位・合コン
  • 第4位・元カレ・元カノ
  • 第5位・ナンパ

上記の順位で分かるように、1位、2位と上位にあるセフレ出会いはインターネットを利用しての出会いとなっています。

しかし、ネットで出会いを探している人の印象としては、【オタク・キモい・暗い・怪しい・危険そう】などと、マイナスイメージが強い事もあります。

今だにそんな事をお考えのアナタには是非考え方を変えて欲しいです。

現在はミクシーやモバゲーなど、気軽に使えて楽しめるコミュニティサイトがたくさんあり、また携帯からでも簡単に利用できるコミュニティが増えた為、年齢層も幅広く、全国で沢山の男女が利用しています。

一昔前に比べ、募集サイトの数も質も上昇しており、気軽に登録できるからセフレサイトを利用している男女が増えているのも事実なのです。

実際にセフレの探し方として、インターネットを利用し、出会えた話は幾らでも存在しています。

20代から50代の既婚者までのアンケートで「セフレがいる」または「セフレがいた」という男女が60パーセント以上なのです。

セフレ探しをしている男女の目的は一つ。
お互いが「都合良く会えるセフレを探したい」、「自分にピッタリの性癖を持ったパートナーに出会いたい」、「濃厚なセックスでイキたい」と思ってパートナーを探しているから、アナタが思っている以上に簡単にセフレが作れるんです。

■女性が求めるもの

p131402973620
性欲処理、そして寂しさを解消するためにセフレとの関係を持つ。男性の多くは、このように考えます。

けれども、性欲処理、寂しさ解消の関係という考え方は、あくまで男性特有のもの。

女性にとってはごく当たり前の話なのですが、女性の場合は「他の誰でもない自分のことだけを大事にしてほしい」という願望が非常に強いので、とっかえひっかえ違う相手と身体の関係を持つという価値観に理解を示せません。

人にもよりますが、多くの女性は一途なのです。

「どうせ関係を持つなら、最期の時まで面倒みてよ」

こういった本音を抱いてサイトを利用している女性は結構いますから、セフレ観というものが人によって、特に男女の間でどれほどの違いがあるものか、考え始めるとなかなか興味深いものです。

では女性が、男性のどこを見て判断しているものか。

顔や性格がいいのはもちろん、どのくらいの経済力を持っているか。どのような過程で生まれ育ったか?住んでいる地域は、本人の趣味は?

など、非常にシビア、かつ多岐にわたる視点で男性を値踏みした揚句、心の中でこっそりと合格点を出しては、「本命の恋人になってもいいかな。この人なら」というふうに、決心を固めるのです。

もちろん、セフレ募集サイトを利用してセフレを探している全ての女性が、セフレを相手に、本気の恋の出会いを目論んでいるわけではありません。

そのつもりで構えてサイトを利用すると、かなりの恥をかくでしょう。

ただし、世の中は広いですから、場合によってはセフレとしての関係を前提として付き合い始めた女性と、やがては本命の恋人同士として、お互いが納得し合える関係を築いて行ける可能性も、決してゼロではないのです。

■セフレの効用

セフレの効用とは、どういったところに現れるのでしょうか。

例えば、結婚している男女のどちらかが、猛烈に性欲が旺盛な場合、その結婚生活はもしかして破綻を迎えるかもしれません。

カップル二人とも性欲が強い場合は、それこそウインウインの関係でしょうが、「どちらかが一方」の場合は不幸なことです。

「結婚=性交」ではないのですから、所構わずいつでもとはいきません。

ことセフレに関しては、セックスだけで繋がっている関係ですから、たとえ二人の関係が瓦解してしまうことになっても、別にたいしたことではないのです。関係を修復させる必要はどこにもありません。

「壊れれば壊れっぱなし」、また次を探せばいいだけです。

夫婦関係や恋人関係で、セックスがうまくいかない時など、セフレで解消できればいいのではないでしょうか。

どちらか一方が性に対して淡白な場合、無理に好きになるように仕向けるよりも、セフレを見つけて性欲を解消させるほうが、大人というものではないでしょうか。

セフレで上手に性を解消させるほうが、恋人関係・夫婦関係を円滑にする要素だと思われます。

亭主が仕事で忙しい時や、遠距離恋愛でなかなか会う機会がない女子は、セフレを利用していることがネットに載っていました。

こうして、女子も余った性欲を平和に解消していくことで、本来の結婚生活や恋人との恋愛成就ができるのであれば、いいことではないでしょうか。

本命の彼氏がいながら、セフレを続けている女性の話。

彼女に言わせると、本命の彼氏とは会ってもセックスにはいかないらしいのです。

本命を大事にすると言うか、セックスの対象と見ているのではなく、話し相手とだけは見ているような関係でした。

彼氏にもし性的欲求があるとすれば、自分が「御隠居さん」的扱いに対してどう思っているのでしょうか。

このごろの男性諸氏は草食系が多くて、恋愛や性や責任に疎い人たちが増殖しています。

彼女を作る際にも「かったるさ」が前面に出るため、なかなか成就しません。

とても結婚相手を探すことなどできるはずはありません。

それは責任を取りたくないのです。それは「このままでいい」という言葉に表れています。このままが一番なのです。

生まれた家からは出ないし、彼女との関係もずるずると意味もなく継続しがちです。

このままがいいのです。その先へ進むには勇気と責任が伴います。

それを潜在的に回避したいために、責任を取らず、このままを、この状態を求めるのです。このままでいられたら、きっと居心地はいいでしょう。

でも、森羅万象、このままでいられるものなどないのです。

男性がそうであるならば、女性こそ現状を打開しなければなりません。

そういう草食系男子の無責任な姿から、セフレが生まれた背景があると考えるのは飛躍しすぎでしょうか。

セフレの楽しみの最たるものは、アブノーマルなセックスではないでしょうか。

お互いセックス好きで関係が続いているならば、当然到達しなければならない関門です。

配偶者とは到底できない性行為であっても、セフレ相手には要求できそうです。

興味津々のセックスプレーを、気軽に楽しんでしまいましょう。

アダルトヂデオで見たことのあるプレーを楽しめるなら、セフレ冥利に尽きます。

仮想(バーチャル)世界が現実(リアル)世界へと変貌していく瞬間に立ち会うことなど、そうそうできるものではありません。

性的関係で繋がっている者同志の、特殊な関係が生み出す、ありえない・目くるめく興奮の世界。

夢は荒野を彷徨います。

▲PAGE TOP